QBasic

QBasic
登場時期 1991年 - 2000年
開発者 マイクロソフト
最新リリース 4.5 /
影響を受けた言語 QuickBASICGW-BASIC
プラットフォーム MS-DOSMicrosoft Windows 95Microsoft Windows 98Microsoft Windows Millennium EditionIBM PC DOSOS/2eComStation
ライセンス マイクロソフトによるソフトウェア利用許諾契約
テンプレートを表示

QBasicQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ[1]。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSMicrosoft Windowsのほぼ全てのバージョンで動作し、DOSBoxDOSEMUを用いればLinuxFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。

初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である[2][3]行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される[1]。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される[4][5]

歴史[編集]

QBasicはGW-BASICを置き換えることを意図した製品である。QuickBASIC 4.5コンパイラを基にしているが、QuickBASICにあるコンパイラとリンカは含まれていない。以下のようにいくつかのOSに標準で付属しているが、これらは日本語環境では正常に動作せず、あらかじめ英語モードに切り替える必要があった。バージョン1.0はMS-DOS 5.0以上[注 1]Windows 95[注 1]Windows 98/98SE[注 2]Windows NT 3.xWindows NT 4.0[要検証]に同梱された。IBMはQBasicに修正を加え、IBM PC DOS 5.xとOS/2 2.0に同梱した[6]。OS/2のコードから作られたeComStationはQBasic 1.0を含んだ。QBasic 1.1はMS-DOS 6.x、およびEDITなしでWindows 95Windows 98Windows MEに同梱された。またEDIT.COMはQBASICを必要としなくなり、日本語版に付属するEDIT.COMは日本語環境でも動作するようになった。AT互換機以外では、例えばPC-9800シリーズ版のMS-DOSにQBASICは含まれておらず、EDIT.COMの代わりに独自のスクリーンエディタが付属していたが、PC-9800シリーズ用Windows 95/98ではAT互換機と同様にQBASICなしで動作するEDIT.COMが付属するようになった。Windows 2000より、マイクロソフトはQBasicをオペレーティングシステムに同梱していない[7](しかし、Windows 2000Windows XPのためにローカライズされたものがいくつか存在し、フリーウェアとして発表されている)。

(標準添付のMS-DOS Editorと同様に)QBasicは5.0以前(少なくともDOS 3.20まで)のDOSと後方互換である。しかし、Intel 8088Intel 8086を使用したコンピュータや、Intel 80286を使用したコンピュータの一部では、メモリーのサイズにより動作が非常に遅かったり、全く動作しない場合もある。MS-DOS 7まで、MS-DOS EditorはQBasicを必要とした。EDIT.COMプログラムは、QBasicをエディタのみのモードで起動しているだけであり、またQBASIC.EXEに/EDITスイッチをつけること(すなわちコマンドライン"QBASIC /EDIT")によってこのモードに入ることができた。

[編集]

QBasicでは4つのサンプルプログラムが付属していた:

  • Nibbles - ヘビゲームのバリエーション
  • Gorillas - 爆発するバナナを投げるゲームで、Tektronix 405x、後にHP 2640で最初に開発された大砲ゲームを元に生み出された
  • MONEY MANAGER - パーソナルファイナンスマネージャ
  • RemLine - GW-BASICのコードの行番号を削除するプログラム[1]

"Hello world"[編集]

PRINT "Hello, World!" 

簡単なゲーム[編集]

このプログラムは1-10の範囲の中で無作為に選ばれた数を当てることをユーザに要求する。通常存在する「高い」/「低い」のヒントを提供しない。

CLS PRINT "Guess My Number"  INPUT "Would you like to play"; choice$ 'INPUT文 - ユーザの入力を受け取る choice$ = UCASE$(choice$) '入力を完全に大文字にする(例:fkld->FKLD) IF choice$ <> "YES" AND choice$ <> "Y" THEN '彼らが遊びたいかどうかを判断する  END END IF guesses% = 5 '推測する回数を入力する RANDOMIZE TIMER '乱数発生器をセットする target% = INT(RND * 10) + 1  WHILE guesses% > 0  INPUT "Guess a number: ", guess% '入力(推測)を取る  IF guess% = target% THEN '推測が正しいかどうかを判断する  PRINT "You win!"  END  ELSE  guesses% = guesses% - 1  PRINT "Sorry, please try again. You have ";guesses%;" guesses left."  END IF WEND   PRINT "You ran out of guesses, the number was "; target% END 

イースターエッグ[編集]

QBasicはいくつかの知られているイースター・エッグを持っている。DOSプロンプト上で、QBasicを起動した後タイトル画面が出る前に、Left CTRL+Left SHIFT+Left ALTおよびRight CTRL+Right SHIFT+Right ALTを同時に押すと、プログラマのチームがリストされる[8]。このプログラムは現在のコンピュータでは実行するには速すぎる。古いパーソナルコンピュータ(できればスイッチを入れることによってCPUを4.77MHzに遅くするようなターボボタンを持つもの)または速度を遅くすることが出来るBochsDOSBoxのようなエミュレータによってもっともうまく実行される。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b PC/AT互換機版の場合。
  2. ^ 日本語版の製品版Windows 98ではPC/AT互換機版とPC-9800シリーズ版が同梱されている。その名残でPC-9800シリーズ用プリインストール版にもQBASICが含まれていることがあるが、AT互換機用であるので当然ながら意味は無い。

出典[編集]

  1. ^ a b c Differences Between GW-BASIC and QBasic” (2003年5月12日). 2008年6月28日閲覧。
  2. ^ QBASIC Manual: SUB...END SUB Statement QuickSCREEN”. 2008年6月28日閲覧。
  3. ^ QBASIC Manual: WHILE...WEND Statement QuickSCREEN”. 2008年6月28日閲覧。
  4. ^ QBASIC Manual: TYPE Statement QuickSCREEN”. 2008年6月28日閲覧。
  5. ^ QBASIC Manual: Limits - Names, Strings, and Numbers”. 2008年6月28日閲覧。
  6. ^ Microsoft BASIC version information”. 2008年6月12日閲覧。
  7. ^ QBasic Missing from Windows 2000” (2007年3月1日). 2008年6月12日閲覧。
  8. ^ QBasic - Developer Credits” (1999年7月23日). 2008年6月12日閲覧。