Microsoft Edge

Microsoft Edge
Microsoft Edge logo (2019).svg
Microsoft Edge 44.png
Microsoft Edge で閲覧するウィキペディア
開発元 マイクロソフト
初版 20.10240.16384.0 - 2015年7月15日(4年前) (2015-07-15
最新版
Windows 7~10, macOS Sierra以降

79.0.309.71 - 2020年1月17日(2か月前) (2020-01-17[1]

iOS 10以降

44.11.11 - 2020年1月15日(2か月前) (2020-01-15

Windows 10 Mobile

40.15254.369 - 2018年4月10日(23か月前) (2018-04-10

Xbox One

40.15063.0 - 2017年3月29日(3年前) (2017-03-29

[±]
最新評価版 [±]
プログラミング言語 C++
対応OS Windows 7 - 10, macOS Sierra以降, Windows 10 Mobile, Xbox One, Android, iOS 10.0以降
使用エンジン Windows:
EdgeHTML (2014 - 2020)[2]
Blink (2020 - )[3]
macOS:
Blink (2020 - )
Android: Blink
iOS: Webkit
サポート状況 開発継続中
種別 ウェブブラウザ
ライセンス EULAプロプライエタリ
公式サイト www.microsoft.com/en-us/edge
テンプレートを表示

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)はマイクロソフトが開発しているウェブブラウザ

歴史[編集]

2014年12月、技術ライターのメアリー・ジョー・フォリー英語版はマイクロソフトが「Spartan」(スパルタン)というコードネーム名のWindows 10用に対応した新しいウェブブラウザを開発しているとし、「Spartan」は互換性を理由に維持されていたInternet Explorer 11といったInternet Explorerとは別の新製品になるという記事をZDNetに執筆した[4]

2015年1月初め、The Vergeもマイクロソフトに近い筋から「Spartan」に関する詳細な情報を入手したとし、やはり「Spartan」はWindows 10のデスクトップ版とモバイル版両方でInternet Explorerの後継になると報じた[5]。マイクロソフトが公式に「Spartan」を発表したのは2015年1月21日に開催したWindows 10に関する基調講演だった[6]。「Spartan」はInternet Explorerの後継となる新ブランドで、正式名称が発表されていないが「Microsoft」が名称に含まれるだろうと予想された[7]

「Spartan」が初めて一般公開されたのは2015年3月30日に公開されたWindows 10 Technical Preview Build 10049のデフォルトブラウザとしてだった[8]。使用している新しいエンジンはかつてWindows 10ビルドのInternet Explorer 11の一部として使用可能で、10の最終バージョンのブラウザでも使用されていたが、マイクロソフトはその後Internet Explorerには「Spartan」のエンジンは使用しないと発表し、Windows 10でInternet Explorerは正式に廃止するとした[9][10]

2015年4月29日、"Build 2015"で、「Spartan」の正式名称をMicrosoft Edgeとすることと[11]、ロゴをInternet Explorerから少しながら変更することを発表、マイクロソフトは「eにこだわるのは、eのアイコンに慣れたユーザーが、どうやってブラウザを立ち上げたらいいか分かるようにするため」としている[12]

2017年10月5日、マイクロソフトはEdgeのiOS版とAndroid版を開発していることを明らかにした。ただし、レンダリングエンジンにiOS版はWebKitを、Android版はBlinkを利用し、EdgeHTMLは使われない[13]

2018年12月6日、マイクロソフトは次期のWindows版Microsoft Edgeについて、Chromiumをベースに開発することを発表し、同時にmacOSなど発表時点で提供されていないプラットフォーム版への展開も示唆した[14]。2019年4月8日に64ビット版Windows 10向けのプレビュー版を公開した[15]

2019年7月14日現在のdev版は77.0.211.3[16]で、日本語にも対応した。ユーザーエージェントには新しくedgという新名称が加わっている。

2019年8月20日、マイクロソフトはWindowsとmacOS向けにMicrosoft Edge次期バージョンのBeta版を公開した[17]。問題がない場合は、2020年5月のMicrosoft UpdateからEdgeはChromium版が正式なものとして迎えられ、全ユーザーのEdgeは強制的にChromium版になる予定である。

2020年1月15日、マイクロソフトはChromium版を正式版として、バージョン79.0.309.65を提供開始[18]。ただし、日本向けのWindows Updateでの配信は日本の確定申告のウェブサイトが Chromium に対応していないため、その影響で遅れる見通し[19]。なお、先日に全サポートが終了したWindows 7にも正式対応しており、2021年7月15日まではサポートされるという[20]

EdgeHTML時代の特徴[編集]

2015年から2019年まで使用されていたロゴ

設計[編集]

かつてマイクロソフトが開発していたInternet Explorerの後継としてWindows 10でのデフォルトブラウザになった。しかし、互換性維持のため、Windows 10でも引き続きInternet Explorer 11が搭載されており、セキュリティアップデートも2020年5月までは継続される。

「現代的なウェブとの相互運用性」を重視し、ウェブ標準に対応したレイアウトエンジンで動く軽量なウェブブラウザになるように設計されている。ActiveXVBScriptBHOSilverlightなどのHTML5に準拠しない古い技術が削除され、サポート外となった。CortanaアシスタントやOneDriveといったマイクロソフトの他サービスとの統合が重視され、注釈ツール英語版やリーディングモード機能が提供される。

機能[編集]

Microsoft EdgeはInternet Explorer 11Internet Explorer Mobileの後継としてデスクトップ用Windows 10モバイルデバイス版Windows 10両方のデフォルトブラウザとして提供され[9]TridentからフォークされたEdgeHTMLという新たなレイアウトエンジンを使用しており[21]、このレイアウトエンジンは「現代的なウェブとの相互運用性」を重視している。EdgeHTMLはWindows 10にてデフォルトで使用される。マイクロソフトは当初、企業使用特化のウェブサイトソフトウェアとの下位互換性に対応させるため、過去のMSHTMLによる読み込みにも対応する[2][22]としていたが、その後撤回され、「強いご意見」によりEdgeには新しいエンジンのみ、Internet Explorerには旧来のエンジンのみを組み込むことになると公表された[23]

ActiveXBHOといった古い技術への対応は終了するが、拡張機能として提供される[2][22][24]。Internet Explorer 11は互換性を維持するためにWindows 10でも動作し、EdgeHTMLは搭載されない[2][9][22]

マイクロソフトのオンラインプラットフォームへの統合も進められ、Cortanaの統合で音声コントロール、検索、動的にアドレスバー内で個人情報関連の検索を行うことが可能になる。さらにウェブページの注釈の作成や、OneDriveでの保存や共有ができるようになる[6]。また、デバイス間でコンテンツを同期する「リーディング・リスト」機能や、不要な書式設定をカットすることで読みやすさを高める「リーディングモード」の機能も搭載される[6]。PDF表示機能を内蔵(PDFの技術概要の節を参照)。

一方で、Internet Explorerに搭載されていた機能を含め、ブラウザとしては機能が少なくIEと比べて退化している点も多い。例えば、ウェブページをファイルとして保存する機能[25]は搭載されていない。また、他のブラウザでは標準となっている貼り付けて移動や文字を選択して右クリックでの検索などの機能も以前は付いていなかった。

Windows 10にはDolby Audio(Dolby Digital Plus/DD+)が組み込まれているが、Microsoft EdgeはそのDD+デコーダを使用可能であり、対応した形式のコンテンツを高音質で再生できる[26]

パフォーマンス[編集]

EdgeHTML搭載ブラウザの初期ベンチマークではTrident 7搭載のInternet Explorer 11と比べてJavaScriptの動作が飛躍的に向上したがGoogle Chrome 42やMozilla Firefox 37とMicrosoft Edgeのパフォーマンスは同等だった。SunSpider英語版ベンチマークではMicrosoft Edgeは他のブラウザより大幅に高速化されているが[27]、いくつかの重要な場合において他のベンチマークの全項目でGoogle ChromeMozilla FirefoxOperaよりも低速だった[28]。バッテリーの持続時間に関しては高い性能を示している。特にムービーの再生については、Chrome、Firefox、Operaに対して2倍以上の負荷を加えた場合にも同等以上のバッテリー持続時間を示している[29]

シェア[編集]

IEからさほどの移行は起きず、世界全体で7%程であった[30]。Statcounter[31]では1.9%とされていた。

Blink時代の特徴[編集]

設計[編集]

2020年1月15日にGoogle Chrome 79のstable版が参考にされて発表された。beta, dev, canaryの各版が存在する点もGoogle Chromeと変わらない。そのほか、Google Chromeに搭載されている多くの機能はそのまま引き継がれている。

ロゴはeの造形を基本としているものの、青に緑を加えたものに変更された。2020年5月末までにはWindowsのみならず、macOS、iOS、Android、Linux[32]ほかのOSにもインストールを可能にする予定である。

以前からAndroid向け、iOS向けにBetaバージョンとして提供されていたが、これらのアプリは当初からGoogle Chrome/Blink(Android)及びWebkit(iOS)準拠のアプリとして開発・提供されており、Windows版Edgeとはブックマーク・リーディングリストとプロファイルのみ同期する形式となっていた。(履歴などを同期することは出来ないが閲覧中のページをWindows側で強制的に開く機能がある。)Windows向けBlink版Edgeの開発が進んだ2019年末には「レガシィのEdge」「新しいEdge」それぞれとプロファイルを同期する機能が切り替えできるようになっている。

機能[編集]

追跡防止機能を「基本」「バランス」「厳重」の3段階に分けて提供している[33][34]。デフォルトは、バランスに設定されているが変更できる。

拡張機能はGoogle Chromeとまったく同じものが使える[35]

パフォーマンス[編集]

90以上の言語で提供され、高レベルのパフォーマンスが提供される[36]

シェア[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ Upgrading to the new Microsoft Edge” (2020年1月17日). 2020年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c d Weber, Jason (January 21, 2015), Spartan and the Windows 10 January Preview Build, マイクロソフト, http://blogs.msdn.com/b/ie/archive/2015/01/22/project-spartan-and-the-windows-10-january-preview-build.aspx 
  3. ^ https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/download
  4. ^ Foley, Mary Jo (December 29, 2014), Microsoft is building a new browser as part of its Windows 10 push, CBS Interactive, http://www.zdnet.com/article/microsoft-is-building-a-new-browser-as-part-of-its-windows-10-push/ 
  5. ^ Warren, Tom (January 8, 2015), Windows 10s new browser will have the most advanced features ever, Vox Media, http://www.theverge.com/2015/1/8/7516489/windows-10-new-browser-spartan-features 
  6. ^ a b c Ingraham, Nathan (January 21, 2015), Microsoft officially announces Spartan, its new web browser for Windows 10, Vox Media, http://www.theverge.com/2015/1/21/7863331/microsoft-project-spartan-new-web-browser 
  7. ^ Warren, Tom (March 17, 2015), Microsoft is killing off the Internet Explorer brand, Vox Media, http://www.theverge.com/2015/3/17/8230631/microsoft-is-killing-off-the-internet-explorer-brand 
  8. ^ Project Spartan gets its first public outing in new Windows 10 build, Condé Nast Digital, (March 30, 2015), http://arstechnica.com/information-technology/2015/03/project-spartan-gets-its-first-public-outing-in-new-windows-10-build/ 2015年3月30日閲覧。 
  9. ^ a b c Warren, Tom (March 24, 2015), Microsoft relegates Internet Explorer to a 'legacy engine' to make way for new browser, Vox Media, http://www.theverge.com/2015/3/24/8284781/internet-explorer-is-slowly-dying 
  10. ^ Jacobsson Purewal, Sarah (February 19, 2015), How to enable Spartan's Edge Rendering Engine in Windows 10, CBS Interactive, http://www.cnet.com/how-to/how-to-enable-spartans-edge-rendering-engine-in-windows-10/ 
  11. ^ The successor to Internet Explorer will be named Microsoft Edge, (April 29, 2015), http://www.theverge.com/2015/4/29/8511169/microsoft-edge-official-name-internet-explorer-upgrade 2015年4月29日閲覧。 
  12. ^ Sams, Brad (2015年4月29日). “Microsoft reveals Edge's new logo”. http://www.neowin.net/news/microsoft-reveals-edges-new-logo 2015年5月1日閲覧。 
  13. ^ Lyndersay, Sean (2017年10月5日). “Microsoft Edge for iOS and Android: What developers need to know”. マイクロソフト. 2017年10月8日閲覧。
  14. ^ Microsoft Edge: Making the web better through more open source collaboration” (英語). Windows Experience Blog (2018年12月6日). 2018年12月6日閲覧。
  15. ^ “「Chromium」ベースの「Edge」、初のプレビュー版がリリース”. CNET Japan. (2019年4月9日). https://japan.cnet.com/article/35135453/ 2019年4月9日閲覧。 
  16. ^ *Updated* Dev channel build 77.0.211.3 is live”. techcommunity.microsoft.com. 2019年7月14日閲覧。
  17. ^ “Microsoft Edge Beta を公開: 今すぐお試しください”. Windows Blog for Japan. (2019年8月28日). https://blogs.windows.com/japan/2019/08/28/introducing-microsoft-edge-beta-be-one-of-the-first-to-try-it-now/ 2019年10月10日閲覧。 
  18. ^ 新しい「Microsoft Edge」がプレビューを卒業 ~Windows/Mac向け正式版のダウンロード提供が開始”. forest.watch.impress.co.jp. 窓の杜 (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。
  19. ^ 新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能”. japanese.engadget.com. engadget日本版 (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。
  20. ^ Windows 7向け最終パッチが本日15日に配布 Chromeと新Edgeの7向けサポートは?”. INTERNET Watch. インプレス (2020年1月15日). 2020年1月20日閲覧。
  21. ^ Foley, Mary Jo (January 22, 2015), Microsoft's Spartan browser: What's under the hood, CBS Interactive, http://www.zdnet.com/article/microsofts-spartan-browser-whats-under-the-hood/ 
  22. ^ a b c Rossi, Jacob (November 11, 2014), Living on the Edge – our next step in helping the web just work, マイクロソフト, http://blogs.msdn.com/b/ie/archive/2014/11/11/living-on-the-edge-our-next-step-in-interoperability.aspx 
  23. ^ Microsoft says IE 11 will remain unchanged from Windows 8.1, Spartan is the future”. Neowin (2015年3月24日). 2015年5月27日閲覧。
  24. ^ Warren, Tom (January 27, 2015), Microsoft reveals its Internet Explorer successor will support extensions, Vox Media, http://www.theverge.com/2015/1/27/7925007/microsoft-project-spartan-browser-extensions 
  25. ^ only the text portion can be saved in htm format
  26. ^ "https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/704056.html" 11/2017 6, reading.
  27. ^ Howse, Brett (January 25, 2015), Internet Explorer Project Spartan Shows Large Performance Gains, Purch英語版, http://www.anandtech.com/show/8932/internet-explorer-project-spartan-shows-large-performance-gains 
  28. ^ Windows 10 Browser Benchmarks: Spartan vs. IE, Chrome, Firefox, and Opera, (April 1, 2015), http://www.tekrevue.com/spartan-benchmarks-ie-chrome-firefox-opera/ 
  29. ^ 最もバッテリーが長持ちするブラウザは?Microsoftがバッテリー消費テスト・第2ラウンド実施, (September 9, 2016), http://gigazine.net/news/20160916-microsoft-edge-experiment-battery-life/ 
  30. ^ 【2018年】ブラウザのシェアの統計情報, (May 13, 2018), https://lab.syncer.jp/Statistic/Browser/2018/ 
  31. ^ gs.statcounter.com, (August 22, 2018), http://gs.statcounter.com 
  32. ^ Microsoft、EdgeのLinux版もリリースすると表明”. news.mynavi.jp. マイナビニュース (2019年11月6日). 2020年1月16日閲覧。
  33. ^ Chromium版「Microsoft Edge」が正式公開、実際に使ってみるとこんな感じ”. gigazine.net. GIGAZINE (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。
  34. ^ Chromiumベースの新Edgeに搭載されるトラッキング防止機能はどのようなものなのか?”. gigazine.net. GIGAZINE (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。
  35. ^ 新Microsoft EdgeはChrome拡張機能をサポート”. news.mynavi.jp. 阿久津良和のWindows Weekly Report (2019年4月2日). 2020年1月16日閲覧。
  36. ^ 新たな年に新たなブラウザーを – 新しい Microsoft Edge はプレビューを終え、ダウンロード提供を開始”. blogs.windows.com. Japan Windows Blog (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]