1990年ソビエト連邦大統領選挙

1990年ソビエト連邦大統領選挙
Президентские выборы в СССР 1990 год
ソビエト連邦
1990年3月14日 (1990-03-14)

  RIAN archive 850809 General Secretary of the CPSU CC M. Gorbachev (close-up).jpg


候補者 ミハイル・ゴルバチョフ
政党 ソビエト連邦共産党
出身地域 Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
得票数 1,329
得票率 72.86%

Soviet Union Presidential Election, 1990.svg

投票結果

選挙前最高会議議長

ミハイル・ゴルバチョフ
ソビエト連邦共産党

大統領

ミハイル・ゴルバチョフ
ソビエト連邦共産党

1990年ソビエト連邦大統領選挙(1990ねんソビエトれんぽうだいとうりょうせんきょ、ロシア語: Президентские выборы в CCCP 1990 год)は、1990年3月14日に行われたソビエト連邦国家元首である大統領を選出する選挙である。

概要[編集]

ソビエト連邦では、1985年共産党書記長となったミハイル・ゴルバチョフが提唱したペレストロイカによって、経済・社会を中心とした改革が行われてきたが、やがて、ソビエト連邦共産党による一党独裁体制そのものへと範囲を広げることになる。

まず、1989年には人民代議員大会が新設され、常設の立法機関となった最高会議は共産党の影響力を脱することに成功するが、1977年に制定された憲法では、共産党による一党独裁体制を保障する第6条が残されていた。

しかし、1990年3月に召集された第3回人民代議員大会では、第6条の全面改正(による一党独裁体制の放棄と複数政党制への移行)を盛り込んだ憲法改正法案[1]が採択され、それまでの最高会議議長に代わる国家元首として新設された大統領[2]を選出することが決まった。

なお、憲法改正法では直接選挙で大統領を選出する[3]ことになっていたが、初代大統領に限って、人民代議員大会による間接選挙で選出される[4]ことになった。

選出手続き[編集]

1990年3月14日、憲法改正法が人民代議員大会で採択され、即日発効した。それを受けて、初代大統領を選出する選挙への立候補者推薦手続きが行われた。

憲法改正法の発効を受けて開催された共産党中央委員会総会では、以下の3名を候補者として推薦することを決定した。

このうち、ルイシコフ首相とバカーチン内相が立候補辞退を申し出たため、最終的に候補者として残ったゴルバチョフ最高会議議長への事実上の信任投票の様相を呈した。

候補者[編集]

立候補者[編集]

ソビエト連邦共産党
ミハイル・ゴルバチョフ
RIAN archive 850809 General Secretary of the CPSU CC M. Gorbachev (close-up).jpg
最高会議議長
共産党書記長

立候補辞退者[編集]

選挙結果[編集]

推薦手続きの終了を受けて投票が行われ、3月15日午前に結果が発表された。

人民代議員は定数2250人だが、代議員の死去などで第3回人民代議員大会が開催された当時は2245人となっていた。このうち、投票用紙を受け取って投票した2000人の人民代議員のうち、実際に投票したのは1878人。欠席は245人、棄権は122人である[5]

結果はゴルバチョフが投票用紙を受け取って投票した2000人の人民代議員のうち、59.2%にあたる1329人の支持を獲得し、大統領に選出された[6]

e • d  ソビエト連邦の旗 1990年ソビエト連邦大統領選挙 1990年3月14日施行)
候補者 所属政党 得票数 得票率
ミハイル・ゴルバチョフ ソビエト連邦共産党 1,329 72.86%
反対 495 27.14%
有効票数(有効率) 1,824 97.12%
無効票数(無効率) 54 2.88%
投票総数(投票率) 1,878 83.65%
欠席数(欠席率) 245 10,91%
棄権数(棄権率) 122 5.43%
代議員数 2,245 100.0%
出典: BBC[5]

選挙後[編集]

結果が発表されたのを受けて、ゴルバチョフは大統領就任宣誓と就任演説を行った[7][8]

脚注[編集]