紀元前483年

世紀 前6世紀 - 前5世紀 - 前4世紀
十年紀 前500年代 前490年代
前480年代
前470年代 前460年代
前486年 前485年 前484年
紀元前483年
前482年 前481年 前480年

紀元前483年は、ローマ暦の年である。

当時は、「ウィブラヌスとポティトゥスが共和政ローマ執政官に就任した最初の年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元271年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前483年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

ペルシア[編集]

ギリシア[編集]

  • アテナイアルコンであるテミトクレスは、ギリシアは海戦でペルシアを破るべきであることに気づいた。しかし、この戦略を実行するためには、アテナイには、現有の70隻よりも遙かに多くの三段櫂船が必要であった。テミトクレスは、当初は他の指導者から反対されていたが、ラブリオの公営銀山で多くの銀が産出されると、議会を説得し、余剰金の全てを海軍の増強に回して200隻を建造した。

インド[編集]

  • 釈迦の遺骨(仏舎利)は8つの部分に分けられ、8つの聖骨箱に分納された。それぞれの聖骨箱は、卒塔婆と呼ばれる埋葬塚に収められた。アショーカ王は8つの卒塔婆を開き、遺骨をさらに多くの卒塔婆に分けた。恐らくそのうちの1つはサーンチーであると考えられている。

中国[編集]

  • が橐皋で会合した。
  • 魯とが鄖で会合した。
  • 宋の向巣がを攻撃して鍚を占領し、元公の孫を殺し、嵒を包囲した。鄭の罕達が嵒を救援し、宋軍を包囲した。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]