藤原藤成

藤原 藤成(ふじわら の ふじなり)は、平安時代初期の貴族藤原北家左大臣藤原魚名の五男。秀郷流藤原氏の祖。官位従四位下伊勢守

経歴[編集]

弘仁2年(811年播磨介に任ぜられ、弘仁4年(813年移配させた夷俘に対する教化や、夷俘からの要請に対応するための専当官を兼ねる[1]。のち、播磨守・伊勢守嵯峨朝においては主に地方官を務めた。この間、弘仁6年(815年正五位下、弘仁8年(817年従四位下と昇進した。

弘仁13年(822年)5月4日卒去享年47。最終官位は伊勢守従四位下。

人物[編集]

吃音で流暢に話せなかった。内外の諸官を歴任したが、可もなく不可もなくといった様子であった[2]

官歴[編集]

日本後紀』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原魚名
  • 母:津守氏
  • 妻:鳥取業俊の娘
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原季雄(または秀雄)
    • 男子:藤原貞宗
    • 男子:藤原春雄
    • 男子:藤原秋雄
    • 男子:藤原豊雄
    • 男子:藤原宗雄
    • 男子:藤原澤雄
    • 男子:藤原山雄
    • 女子:藤原氏宗

脚注[編集]

  1. ^ 『日本後紀』弘仁4年11月21日条
  2. ^ 『日本後紀』弘仁13年5月4日条

参考文献[編集]