勝矢

かつや
勝矢
別名義 勝矢 秀人
生年月日 (1975-05-08) 1975年5月8日(44歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県
身長 183 cm
血液型 A型
職業 俳優声優演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 BEACON ALLIANCE
( - 2018年)
LDH JAPAN
(2018年 - )
テンプレートを表示

勝矢(かつや、1975年5月8日 - )は、日本俳優声優演出家。舞台制作の独弾流GARAGARADON主宰。所属事務所はLDH JAPAN。以前は勝矢 秀人(かつや ひでと)名義で活動していた。

人物[編集]

男兄弟の末っ子として生まれる[1]。小学校から社会人までサッカーをしていた[1]。高校卒業後、当時サンフレッチェ広島と関連があったマツダに入社して、社会人選手としてやっていく道を選んだものの、21歳で受けたプロテストに最終選考で落ちたことで、プロサッカー選手の道を諦め、高倉健のインタビューを読んだことで映画の面白さに気付き、役者を目指すことになる[2]。演技経験はなかったものの、22歳で上京し、とび職のアルバイトなどをしながら舞台などをやっている中で映画監督の目に留まり、業界関係者とつながって行くうちにフリーの俳優として活動するようになるが、29歳の時に「師匠」として慕っていた菅田俊の知人である竹内力からの紹介で竹内の所属事務所に入る[3]。その後、『あしたのジョー』(2011年)のマンモス西役や『テルマエ・ロマエ』(2012年)のマルクス・ピエトラス役で名前が知られるようになる[3]

本人曰く、曾祖父明治時代に日本に宝石を売りに来ていたオランダ人である[4]。オランダ人の血が入っていることもあり、幼稚園の頃にはいじめられていたが、その後、身体が大きくなっていくにつれて周りが手のひらを返していったことを小学生にして感じたことで、常に周りを見るような性格になったと本人は述べている[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ゲーム[編集]

ミュージカル[編集]

舞台[編集]

ネットドラマ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]